交通事故に強い弁護士事務所はこちら

交通事故に強い弁護士の選び方

 

交通事故に強い弁護士選び

 

どの弁護士に相談すればいい?

 

現在弁護士は飽和状態とまでは言いませんが、2001年に全国で約18,000人だった弁護士数は、2015年には約36,000人と倍増しているそうです。

 

これほどたくさんの弁護士の中から、交通事故に強い弁護士をどのように選んだらいいのでしょうか?

・経歴
・学歴
・電話帳広告
・WEBページの雰囲気
・看板の大きさ
・知人の紹介

 

などなど挙げられますが、どれもいまいち信ぴょう性がありません。

 

本来ならば仕事の実績で判断したいところですが、守秘義務もあるので、その実績の詳細を知ることはできません。

 

36000人を47都道府県で単順に割り算すると、1県あたり765人の弁護士。

 

電話相談をかけてみたり、事務所に足を運んでみて、その印象で選ぶというのが正しい選び方ですが、これだけたくさんの弁護士に個別に問い合わせるというは、現実的な選び方とは言えないようにも思えます。

 

それなら全国の交通事故に強い弁護士が登録している比較サイトを利用してみませんか?

 

交通事故案件の取扱件数の多い弁護士事務所ばかりなので、わざわざ交通事故案件が得意かどうか確認する必要がありません。

 

「各都道府県別に」 「相談内容別に」検索できるので、条件に合った弁護士事務所がすぐに見つかります。

 

 

 

 

交通事故に強い弁護士を探す

 

交通事故被害に強い弁護士が集結!

 

●全国47都道府県の地元の弁護士を探せる
●交通事故に強い弁護士が見つかる
●弁護士特約を熟知した弁護士が多い
●事故直後から対応可能な弁護士が多い
●電話相談OKの弁護士が多い
●初回相談無料の弁護士が多い
●休日相談OKの弁護士が多い
●着手金無料、後払いOKの弁護士が多い

 

 

弁護士を比べて選ぶなら
交通事故に強い弁護士を探す


 

 

 

弁護士事務所をすすめる理由

 

弁護士事務所は組織力がある

 

「弁護士」と「弁護士事務所」の違いはご存知ですか?

 

 

士業と呼ばれる弁護士や司法書士は個人資格によるものなので、事務所は一つしか持てません。しかし弁護士は平成14年から法人化が認められましたので、「弁護士事務所」として法人登録すれば、全国に複数の事務所を展開することもできるようになりました。なかには、有資格者だけでも数十人、数百人が在籍するという大規模な組織もあります。

 

 

弁護士事務所のメリット

弁護士事務所には、こんなメリットが考えられます。

 

1.規模が大きい
2.資格者が多い
3.取り扱い件数が多い
4.経験値が高い
5.休日相談が可能な事務所が多い
6.連携や広域性が高い
7.得意分野を持ってる弁護士がいる
8.初回の相談料無料のところが多い

 

このように利便性が高く、組織力による支援体制が期待できます。

 

 

交通事故に強い弁護士は少ない・・・?

 

実は交通事故分野は弁護士にとって代表的な取り扱い案件ではなかったのです。
弁護士の仕事は多岐にわたっておりますが、仕事の柱となる代表的な案件例はこのようになっています。

 

  • 家事事件
  • 労働事件
  • 債務整理・破産
  • 消費者事件
  • 医療過誤事件
  • 行政事件
  • 企業法務
  • 渉外事件
  • 刑事事件・少年事件
  • その他一般民事事件

 

財産分与や相続、親権や離婚といった「家事案件」、解雇、未払賃金請求、残業代請求といった「労働案件」、個人や法人の「債務整理案件」などが、弁護士の仕事の代表的なもので、交通事故案件はというと「その他一般民事事件」として分類でき、誰でも担当はできるけど、専門家は少ないマイナー案件と言えるかもしれません。

 

したがって、交通事故についての専門性の高い弁護士は、思ったより少ないのです。
ですから、交通事故に強い弁護士が登録している比較サイトが便利で、安心なのです。

 

 

あの弁護士事務所が相手か・・・

 

訴訟や交渉は、弁護士VS弁護士の対決となるわけですが、意外とこの世界は「格」や「顔」で勝負が決まる世界だとも言われています。

 

昔は「あの先生には頭が上がらない」というような優劣もあったかもしれませんが、最近では「専門性」や「組織力」、さらには「経験値」によって交渉力の強さが推察できます。

 

したがって相談、依頼するなら、専門性の高く、経験値の高い弁護士事務所を選ばなければならないわけです。

 

 

 

 

損をしない損害賠償を請求するための3つの条件

損害賠償の立証責任は被害者側にあります。
したがって、被害を正しく立証できないと、たとえ後遺障害の残る大きな怪我であっても満足いく賠償は得られないかもしれません。

 

一般的に損害賠償に必要なものは以下の3点です。

 

1.交通事故発生時の記録
2.事故直後の診断記録
3.その後の治療経過の記録

 

なかでも重要なのが、「診断と治療の記録」です。
いわゆるカルテの記載内容によって、怪我の程度を立証していくのです。

 

したがって、病院選びは非常に重要なのです。
交通事故に不慣れな病院やクリニックを選んでしまうと、正しい診断、正しい治療が受けられません。

 

さらには必要な検査や記録もないかもしれません。

 

こうなってしまうと、満足いく損害賠償は受けられないかもしれませんので、実は病院選びも重要なのです。

 

 

交通事故の「病院選び」や「治療と損害賠償」の基礎知識について

弁護士に依頼するかどうか判断がつかない方、病院選びでお困りの方におすすめなのが、交通事故に強い病院や接骨院が見つかる検索サイト交通事故についてマニュアルです。

 

しっかり通院できる病院や接骨院を選ばないと、通院慰謝料にも影響するので、損害賠償や保険請求にも精通した医療機関を選びましょう。

 

また弁護士に依頼しようかどうか迷っている方は、すくなくとも損害賠償請求や後遺障害についての基礎知識を知っておくことをおすすめします。

 

専門知識がないまま、治療日数が経過していくと、あとになって取り返しのつかないことになる恐れもあることを知っておきましょう。

 

 

病院検索サイト 交通事故病院の特徴
弁護士に相談するほどでは・・・

しっかり通院治療できる病院や接骨院をご紹介
軽傷でも重傷でも最初の医療機関選びは重要です!

 1.相談無料

 2.自己負担金0円

 3.全国対応

 4.最大25000円分のお見舞い金支給

交通事故で円満に示談解決する方法の特徴
自分で対応せざるを得ないなら

・弁護士費用特約に未加入
・後遺障害が残るか不明

こんな場合は示談交渉に必要な知識や交渉方法を身につけましょう。


 1.ムチウチ等神経症状には必須のマニュアル

 2.通院のタブーがわかります

 3.治療打ち切りを阻止

 4.払い渋りさせない7つの戦略

 5.後遺症認定必要な5項目


このマニュアルのおかげで自分一人で示談交渉ができました。
わずか通院2〜3回分の自賠責慰謝料でまかなえる被害者救済のためのマニュアルなので、たとえ弁護士に依頼しても、できれば身に着けておいてほしい損害賠償の知識です。

いくつかマニュアルを買ってみましたが、これが一番わかりやすかったです。


自力で交渉するなら、「交通事故病院」とセット利用がおすすめです。

 

 

 

page top